メニュー

予防、クリーニング

治療(キュア)から
予防(ケア)へ

 

予防ケアとは、むし歯や歯周病から歯を守るための取り組みです。

昔は「歯科医院は痛くなってから行くところ」というのが常識でしたが、それではお口の健康を保てないことがわかってきました。むしろ痛くなる前に定期的に歯科医院に通うことで、いくつになっても自分の歯で食事ができて、美しい歯を保つことができるのです。
いつまでもお口の健康を守るためには、

「毎日のセルフケア」と

「定期的なプロケア」が欠かせません。

歯科医院で予防のプロフェッショナルと一緒に、「治療する」から「予防する」へと、意識を変えていきましょう。

  • これからの時代は予防が常識に

日本は先進国にも関わらず、お口の健康への意識が低すぎるといわれているのはご存知ですか? 海外から、「日本人はお口のケアが行き届いておらず、口臭が強い」いうイメージを持たれているようです。実際、日本人の多くが「高齢になれば歯が抜けて、入れ歯を入れるのが当たり前」と思っている人が多く、それが調査結果にも表れています。
一方、予防の意識が高いスウェーデンでは、出産前から赤ちゃんのデンタルケアの指導が行われるなど、小さな頃からお口の中をケアすることが常識となっています。ブラッシングの後はフロスを使う、定期的に歯科医院で検診とクリーニング、メンテナンスを受けるというのも日常の光景となっています。
かつてはスウェーデンも日本と同じく「むし歯大国」でしたが、約30年前に政府が「予防」を国家的なプロジェクトとしてスタート。その結果、スウェーデンの70歳の歯の数は平均21本になり、日本の平均16本とは大きな差が開きました。このように意識を変えるだけでも、健康なお口を守ることにつながります。早ければ早いほど効果の高い「予防ケア」を、今から始めてみませんか?

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME